2017.11.25〜26
China Rowing Open 大会レポート 個人編A

清倉龍真(1年・漕手)


 幸運ながら私は最下級生の身でこの度の中国遠征に参加することができました。このような機会を与えてくださった野村HC及びOBの皆様に感謝いたします。
 今回の遠征では非常に貴重な経験が出来ました。まず海外に行く機会は中々あるものではありません。金銭的な問題もしかり、ボート部に身を置く以上その様な時間もあまり取れません。今回は招待試合とのことであり至れり尽くせりの状況であったため、またとない好機でした。
 そのため海外のボート選手と関わり刺激を受けるだけでなく、海外渡航や中国でのみ得られる経験をしたいと思っていました。ここからは、レースについて、海外選手との交流を中心に書いていきたいと思います。
 まず、レースについてですが、技術的に未熟である私はパワーを出して艇を進めるしかないので、ただ全力で漕ぐことだけを目標にしていました。試合では全力を出し尽くしましたが、普段と違う環境であったことによってか、オールが水に入りきらずから漕ぎをしてしまうなど、ミスを連発してしまいました。これが0.67秒差に繋がったのだと考えると悔やみきれません。
 海外選手との交流は、レース後のパーティで海外選手その機会が設けられました。どこの国の選手とも互いに拙い英語ながらある程度意思疎通することが出来たので、言語の壁というものは案外何とでもなるということがよく分かりました。しかし、もっと深いコミュニケーションが出来るだけの語学力が欲しいとも思うようになりました。
 最後に、この度の遠征ではボート部員としてだけではなく、1人の人間として豊かな経験を積むことが出来たと思います。この経験を部に還元することはもちろんのこと、一橋ボート部の名に恥じない人間になるための糧とします。

黒川尚輝(1年・漕手)


 今回の遠征で感じたことを、ボート面、生活面の2つの視点から述べていきたいと思います。
 まず、ボート面についてです。借艇でのレースは初めてでしたが、乗るはずだった艇が急遽変わったり、オールのリギングが全くなされていなかったりするなど驚くことが多かったです。レース2日目に交渉してオールだけでも変えることができ、交渉することは借艇レースにおいて大切なことだと思いました。今後、もし海外遠征に行く機会があったら参考にしたいです。こうした状況下だからこそ、普段の練習環境がどれだけ恵まれているかを改めて感じました。レースについては、1000mレースだからといって全く侮れないものでした。標高の高さによる空気の薄さは想像以上のものでした。レース後半、特に750m以降は息苦しさと足への乳酸が溜まったことで非常に苦しかったです。また運動してない時でさえも体内の酸素の循環が普段よりうまくいかないためなのか、疲労もなかなか回復した感じはなかった気がします。
 またボートの技術的な面では、先輩たちとのクルーということもあり、学ぶことがとても多かったです。まず前でコンタクトからキャッチの部分がすごく難しかったです。オールをひっかけてしまうことが多く、今後の課題です。また今回の即席クルー数で少ない狙いの一つであった前から動かすことに関しては、普段レースの動画を見ていてなんとなくイメージはあったのですが、実際に再現する、艇上で感じられるようには少なくとも僕個人としてはまだまだだったように思います。スタートは一本一本しっかりオールを入れて押していくこと、循環したオール運び、クラッチを外さない意識、押し切ってからセットまでの速さは整調によって色々であること、レンジももう一出し、といったことだけでなく、気づいたことや課題だと感じたことはたくさんありました。こうした課題を冬場の練習で、怪我に気をつけながら、一つ一つクリアしていきたいです。
 次に生活面に関してですが、中国人の国民性がわかったように思いました。中国人はやはりせっかちで、列を待てず、平気で横入りをしてきました。意外だったのは現地の人との会話で英語が通じなかったことが多かったことです。やはりまだ発展途上の段階であるのかはわかりませんが、簡単な日常会話もできない状態の人が多かったです。逆に大会に来ていた大学生など、話せる人とはかなり話すことができ、コミュニケーションはだいぶ取れた気がします。水は水道の水はお風呂以外一切使わず、ペットボトルの水を使いました。外国人との交流においては積極性とノリの良さが大事だと思いました。言いたいことを一生懸命伝えようとすると、たとえ拙くて不十分な英語であったとしてもしっかり聞いてくれました。物価が空港以外は安くて良かったのですが、食事は本当に中華ばかりで長期滞在は絶対できないと思いました。

須藤裕人(3年・漕手)


 私はこれまで何度か海外旅行に行ったことはありましたが、現地での情報収集、会話等ほぼ全てを両親に一任しており、自分から積極的に外国人に関わろうとはしてきませんでした。そのたびに両親からはたしなめられてはいましたが、自分には関係のないことだと決めつけていました。しかし、今回の遠征で自分から情報発信を行う大切さを学びました。心の中で考えているだけでは相手には伝わらないのです。実際に声を出して言葉にして伝えなければならないのです。
 私は、初対面の人などの見知らぬ人に対して何か言いたいことがあってもそれを口に出すことは少ないです。しかし、中国人をはじめ、自分が今回の遠征で関わった人々は自分に対して積極的にコミュニケーションを図ってきました。それによって、心が通じ合ったと感じた場面も数多く存在しました。これを踏まえて、自分も部員だけでなく、より多くの人と積極的にコミュニケーションを図る必要があると実感しました。